« 山中湖よりの富士山 | トップページ | 昨日は・・ »

2010年1月17日 (日)

もう15年

あの阪神・淡路大震災からもう15年が過ぎたのですね。
出産間近の妻と5歳の息子を残して、社命で神戸の営業所へ仕事の応援に行きました。
羽田から空路で岡山に行き、岡山から新幹線で姫路の宿泊場所へ行きました。仕事の応援場所は須磨区だったので、大阪方面からの交通が途絶のため空路を使ったようです。
毎朝早くから、姫路(山陽電鉄)~須磨(バス)~名谷へと通勤しました。
二週間の応援期間中はとても忙しく精神的にも肉体的にも疲れてしまいました。実際、自宅に帰ってから風邪で二日寝込みました!
応援期間中の楽しみは一緒に応援に来ている仲間たちとの就寝前の一杯と、電話で聞く息子の声でした。
地震の発生時刻で止まったままの明石の時計塔と長田地区の建物倒壊現場を今でも鮮明に記憶しています。
そして大震災を懸命に乗り越えようとしている会社の同僚達や神戸の人達の明るさと頑張りに、逆にこちらが勇気付けられたような気がしました。
その後、故郷新潟でも2回の大震災がありました。
物心両面での備えが大事と痛感しています。

|

« 山中湖よりの富士山 | トップページ | 昨日は・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山中湖よりの富士山 | トップページ | 昨日は・・ »