« へぎそば会 | トップページ | 落葉 »

2007年11月17日 (土)

菊花

P1040020
今日は少し寒くすっきりしないお天気でした。
近くの郵便局に歩いて行くと、歩道脇にピンクと白の菊が咲いていました。
秋の花といえばやはり菊ですね。
新潟の実家では畑にたくさんの菊が咲いていると思います。
観賞用の菊は家の玄関や庭にありますが、畑のは食用の菊です。
おひたし・酢の物・・・こちらでは食べれないので、帰った時の楽しみの一つです。

|

« へぎそば会 | トップページ | 落葉 »

コメント

食用の菊。食べた事があります。ピンクの美しい花でした。おひたしにしたのですが、他に、もっとおいしいいろんな食べ方があるのですか??

投稿: 山口ももり | 2007年11月20日 (火) 18時29分

ももりさんへ
菊の花を食べる習慣が有るのは、新潟のほか山形・福島・青森など東北地方が主なようです。
奈良時代に中国から伝来した薬用の「延命楽」という菊がルーツのようで、地域により「もってのほか」・「かきのもと」・「おもいのほか」などと呼ばれています。
皇室の紋章の菊を食べるとはもってのほか・垣根の下に咲いている・食べてみたら思いのほかうまかった・・・などが名前の由来のようです。
青森では黄色の花の「安房宮」という菊も栽培されています。
おひたしの他には・・・酢のもの・あえもの・てんぷら・味噌汁の具・のり巻き・玉子焼きなどにして食べられているようです。
食感と香りを楽しむようですね。

投稿: おーちゃん | 2007年11月21日 (水) 00時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« へぎそば会 | トップページ | 落葉 »