« 曇り時々雨 | トップページ | パシャパシャとシャカシャカ »

2006年11月27日 (月)

武家小説

また藤沢周平の小説を読んでいます。「風の果て」です。
通勤の電車の中で読んでいますが、熱中して乗り越しをしそうになったことがあります。
そう言えば、過去に読んだ「武士の一分」が映画になりましたね。
機会があれば観たいですね!

| |

« 曇り時々雨 | トップページ | パシャパシャとシャカシャカ »

コメント

阿武さんへ
確かに、主人公の考えや行動に共感することが多いです。
時代背景や主人公を取り巻く環境・風土の描写が優れていると思います。

投稿: おーちゃん | 2006年11月28日 (火) 22時04分

こはるさんへ
原作は短編でしたので、映画ではどのように物語が展開されるのか楽しみです。
キムタク主演で前評判は良いようですが・・・!

投稿: おーちゃん | 2006年11月28日 (火) 21時57分

うらぶれたこの身にとって藤沢周平の小説はピッタシ自分と重なります。

投稿: 阿武さんのゆきあたりばったり | 2006年11月28日 (火) 19時02分

武士の一分、先日東京に行ったときあちこちでポスターを見ました。
キムタク主演で・・・・できはさてどうでしょうかね?

投稿: こはる | 2006年11月28日 (火) 13時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曇り時々雨 | トップページ | パシャパシャとシャカシャカ »