« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月の記事

2006年6月27日 (火)

くちなしの花

くちなしの花

毎朝通る道に3メートル位の梔子の木がある。
ちゃんと手入れをしているので毎年この季節に綺麗な白い花を咲かせ、芳香を漂わせてくれる。
今では指輪も回るほど・・・♪と口ずさんでしまう!

| | コメント (8)

2006年6月26日 (月)

武蔵国分寺を歩く

25日(日)は東京都国分寺市にある「国分寺」付近を散策してきました。
武蔵国分寺跡があるこのあたりは、武蔵野の自然が残り、豊な緑と湧水群が有ります。
平安時代の伝説が残る「真姿の池」やたくさんの人が汲みにくる「湧水」があります。
そして民家の間を縫うように蛍を保護している清流が流れており、その流れに沿って江戸時代は徳川家の御鷹場だったことから名づけられた「お鷹の道」が整備されていてゆっくりと散策することができます。
P1020697 P1020698 P1020701 P1020741
P1020740 P1020702 P1020742 水辺のカラー
そして市の名前の元となった武蔵国分寺跡と現在の国分寺および国分寺薬師堂があります。
武蔵国分寺跡には、約1250年前に七堂伽藍と呼ばれる全国でも最大規模の建物が建てられました。建物は1333年の元弘の変で焼失し、現在は石碑がひっそりと残るのみです。
私が以前住んでいた長野県上田市には信濃国分寺が有ります。
P1020720 楼門 P1020739 P1020719 国分寺
P1020728 薬師堂P1020731 鐘楼P1020736 国分寺跡
そして国分寺境内には「万葉植物園」があり、季節ごとに人々が訪れます。
万葉集に詠まれた160種もの植物が植えられており、その歌と植物の解説が添えられています。
P1020704 P1020709 P1020717 P1020707
P1020710 P1020714 P1020715 P1020716
途中からポツリポツリと小雨になり、もっといろいろと観たり歩いたりしたかったが切りあげて国分寺駅まで戻りました。
約4㎞・1時間半の散策でした。

| | コメント (0)

2006年6月25日 (日)

玉川上水緑道を歩く

24日は、東京都薬用植物園で1時間ほど写真を撮りながら散策した後、小平グリーンロードの赤松並木(この下を野火止用水が流れています)を上水小橋まで(約1㎞)歩きました。
P1020672 P1020673 P1020674 P1020675
「清流の復活」の碑の所から階段を下りて上水小橋へ、清冽な流れが眺められました。
「甦る水」の碑がある所は石組みの滝が涼しげでした。
この水は、昭島市にある東京都下水道局・多摩川上流水再生センターから送られた再生水です。
この水は通常の処理をされ多摩川へ放流する水を、さらに砂ろ過処理とオゾン処理を行い、玉川上水・野火止用水などの昔の流れを復活させるために活用しています。
だから甦る水なんですね・・・この水が無いと清流も復活しなかった訳です。
P1020676 P1020678 P1020680 P1020682
階段を上り、今度は玉川上水に沿って続く緑道をひたすら東へ・・・鷹の台駅まで(約3㎞)歩きました。
健康のためのウォーキングや散策と犬の散歩など・・・たくさんの人達とすれ違いました。
P1020689 P1020683 P1020684 P1020685
野鳥のさえずりと上水のせせらぎを聴きながら、深い木立が茂る道を爽やかな気分で歩くことができました。今の季節はいたる所に色とりどりの紫陽花が咲いていて目を楽しませてくれます。あじさい橋という小さな橋もありました。
曇りがちな天気でしたが、最後には日もさして暑くなり、少し汗をかきました。
植物園も入れると、歩いた距離は約5㎞、時間は2時間半くらいになりました。

| | コメント (4)

2006年6月24日 (土)

東京都薬用植物園を訪ねる

きょうは、東京都小平市にある東京都薬用植物園に出かけました。
西武拝島線の東大和市駅から徒歩1分です。
P1020641 P1020659
ここは普通の植物園ではありません。東京都の福祉保険局に属する施設です。
脱法ドラッグや健康食品の指導・取締りに向けた植物の鑑別等の試験・研究を行っています。また、園内の一般公開や、薬草教室等の行事の開催により、薬用植物の正しい知識の普及に努めています。
ここでは法律で栽培禁止とされているケシ・アサなども調査研究のため栽培しています。
広い園内は、各植物区などに分けられて数え切れないほどの草木が栽培されています。
季節により綺麗な花も咲き乱れ・・・植物好きだけではなく、写真好きの人達にも楽しめる植物園です。ちなみに、入園料は無料です。
たくさん写真を撮りすぎて、整理しきれませんので、数枚だけ載せます。
P1020639 P1020642 P1020647 P1020651
ストケシア ラビットアイ・ブルーベリー ベニバナ ドクダミ(八重咲品)
P1020652 P1020654 P1020657 P1020658
キクイモモドキ ハナビシソウ イエローコーンフラワー テネシーコーンフラワー
P1020662 P1020667 P1020668 P1020669
ウスベニアオイ トウカンゾウ ナツシロギク カワラナデシコ
ラビットアイ・ブルーベリーは名前の通り兎の目に見えました。
八重咲きのドクダミも初めて見ました。いろんな草木の名前が判るので、観ていて楽しくなります。秋の頃も行きたいと思います。

| | コメント (0)

2006年6月23日 (金)

小千谷そばを食べる in久米川

今日は、先日立ち寄った東村山市久米川にある「小千谷」に行きました。
今日の楽しみは、新鮮なお刺身とお蕎麦です。
そして、前回は聞けなかった事・・・御主人は市内の何処の生まれなのかを聞けました。
慈眼寺の傍の船岡町とのことでした。船岡公園の桜や戊辰戦争のお墓などの話ができました。さらに細かいことは・・・次回の楽しみとしました。
生ビールで今日の暑さを振り払いながら、鯵と〆鯖をお刺身でいただきました。
つづいてゲソと焼き鳥で生酒を楽しみ・・・〆にお蕎麦をいただきました。
お品書きには、ざるそば・・・としか書いてありませんが、「おそばを大盛で」と言うと・・・以心伝心で・・・メニューには無い、もりそばの大盛を出してくれました。
そばは(お蕎麦屋さんではないのに)本格的な小千谷そばをいただけました。
自分のお店で蕎麦を打ち、注文が入ると茹でて冷水で〆て出してくれます。
へぎに入ってはいませんが、へぎそばと同じです。おつゆも私の好みの味でした。
へぎそばの専門店には及びませんが、居酒屋(割烹)でこんな美味しい蕎麦を食べれるとは・・・嬉しい限りです。
さすが・・小千谷の人・・・こだわっています。
一人で気軽に飲んで、最後におそばを食べれる・・・良い店を見つけました!
(今回は写真がありません)

| | コメント (0)

2006年6月21日 (水)

朝のひと時

朝のひと時

ちょうど一冊読み終えてしまった。
今日の蕎麦会は急遽中止になってしまったし、何処へ寄り道しようかなどと、仕事前に考えていていいのか?
そろそろ行かねば!

| | コメント (4)

2006年6月17日 (土)

エスコートキッズ

サッカーワールドカップを観ていて、試合前に選手が子供たちと手をつないで入場するのは何故かと思いました。
今まで何気なく観ていましたが・・・何か意味が有るのか?
ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、サッカーに関しては詳しくない私が調べた結果・・・その子供たちは「エスコートキッズ」と呼ばれます。

エスコートキッズとはサッカーの試合において、ピッチに入る際、選手と手をつないで入場する子供の事を言います。
年齢が6歳から10歳までの少年少女の中から選ばれます。
「子供」がフェアプレーを意味しており、その子供と手をつないで入場することで選手が試合でのフェアプレーを誓うという意味があります。

・・・なるほど、ちゃんとした意味が有ったのですね。

| | コメント (4)

2006年6月16日 (金)

これも「ど根性」?

P1020636
北山公園の南を流れる「北川」で見かけました。
大きな木の根の部分が川に落ちそうになりながら踏ん張っています。
対岸に伸びた木の幹には添え木を当てて、これ以上下がらないようにしてありました。
頑張れとしか言えませんが・・・!

| | コメント (2)

2006年6月15日 (木)

花とみつばち

P1020631 P1020632
蜜蜂が花の中で、でんぐり返しをしながら蜜を集め体中に花粉をいっぱい付けていました。
蜜を吸うには花粉を避けられないように花は形を作っているし、蜂は花粉が付き易いような体毛で体を覆っている。
自然は良く出来ている。

追記・・・この花は葵科の銭葵(ぜにあおい)です。

| | コメント (5)

2006年6月14日 (水)

八国山緑地を歩く

北山公園で菖蒲まつりを楽しんだ後は、すぐ隣にある八国山緑地にウォーキングに行きました。北山小学校の脇の入山口から尾根道をめざして歩きました。尾根道に出てから右(将軍塚がある東側方面)は以前に歩いたので、今回は左(西武園駅のある西側方面)へ歩きました。天気と足元はいまひとつですが、静けさと緑は素晴らしく木や草を観ながらのんびりと歩きました。
尾根道を降りると西武園駅が近いのですが、運動のため電車には乗らず西武園線に沿って北山公園まで歩きました。結局、東村山駅から歩いて一周してきたような感じで、約10kmを2時間半位で歩きました。
「八国山緑地は標高89.4m。東西1.5km、南北100mから300m。面積39.1ヘクタール。その頂きから上野・下野・常陸・安房・相模・駿河・信濃・甲斐の八国の山々が見渡せたことからその名がついたとされます。良好な自然環境が残されており野鳥、昆虫、野草の宝庫です。また、「となりのトトロ」の舞台となったことでも有名です。」
(商工会の案内より)
P1020620 P1020621 P1020626 P1020630
P1020624
尾根道が東京(東村山市)と埼玉(所沢市)の境界線になっています。
北に見えるのは所沢市街の高層マンションです。
P1020625
尾根道の西側の端に近づいた所で、フルートの音色が聴こえてきました。
誰かが演奏しているのを幼稚園児たちが聴いていました。
終わると「ありがとうございました」とみんなで声を揃えて言っているのがとてもほほえましかったです。(写真はボケました)^^

| | コメント (2)

2006年6月13日 (火)

菖蒲まつり

今日は久々の平日休暇でしたので、今が見頃の菖蒲を観に東村山市にある「北山公園 菖蒲苑」に行きました。あいにくの曇り空でしたが、10時に着いた頃にはしだいに明るく・暑くなりました。
駅から徒歩20分の距離で、狭山丘陵の八国山緑地を背景にした自然公園です。
38,000㎡の面積があり、北山小学校の校庭・田圃に隣接しています。
170種10万本の花菖蒲が咲き乱れ「菖蒲まつり」が行われていました。
P1020568 P1020587 P1020591 P1020616
P1020569 P1020570 P1020571 P1020572
P1020573 P1020576 P1020590 P1020579
P1020596 P1020597 P1020612 P1020599
平日ですがたくさんの人達がいました。
写真を撮る人・絵を描く人・のんびり散策する人・・・。
野外授業で楽しそうに絵を描いている小学生達もいました。

| | コメント (4)

2006年6月10日 (土)

沖縄気分 in高円寺

P1020564 P1020563
9日金曜日に、やっと「抱瓶(だちびん)」に行きました。
毎日飲み歩いているように思われてしまいますが、今週はたまたま続いただけです・・・!
仕事も終わりに近づいた頃、西荻窪で勤務している友達から一杯のお誘いがあり、中央線沿線ならいい機会だから抱瓶にしようと決めました。
7時に着いた時は既に満席状態で、1階奥のお座敷の一番奥に相席ながら座ることができました。人気店だというのが解ります。
友達は沖縄料理にあまり慣れてなく、私がいろいろと注文するのを聞いていて意味が解らないと笑っていました。
注文したのは、オリオンビール生・島らっきょう・パパイヤチャンプルー・ラフティー・海ぶどうでした。
お目当てはパパイヤチャンプルーでした。他のお店ではメニューに無くて食べたかった一品です。ゴーヤーとは違った素朴な美味さのチャンプルーです。オススメ!
海ぶどうの食感もよく、ラフティーの脂もしつこくなくて美味しかったです。
続いて注文したのは、写真の泡盛・久米仙30°抱瓶オリジナルボトル(4合)です。
2人でロックと水で飲み干してしまいキープできませんでした。^^
お料理はゴーヤースライス・ナーベラー味噌煮・ジィーマミ豆腐・豆腐ようです。
ナーベラーはへちまの煮物、ジィーマミはピーナッツのお豆腐です。
すごく健康食だな~と友達と話しました。でも豆腐ようはこの友達も苦手でした・・・美味しいのに何で?・・・酒飲みしか解らないか?
今回は相席だったのであまりお料理の写真を撮れませんでした。
向かいの女性達は最後に紅芋のブルーシールアイスクリームを食べていました。
はす向かいのカップルと隣の女性達も沖縄気分を楽しんでいました。
あんなに飲んだのに・・・今朝はスッキリです。泡盛はいい!
友達も気に入ったらしく、会社の人とまた行くと言っていました。その時は俺も誘えよと言っておきました。^^

| | コメント (6)

2006年6月 8日 (木)

沖縄気分 in新宿

昨夜は久々に沖縄料理を食べて大満足でした。
高円寺のお店に行こうとしていましたが、会社の近くにも似たようなお店が有ることが判り、友達(後輩)と行ってみました。
新宿歌舞伎町にある「沖縄居酒屋 かちゃーしー」です。
まずオリオンビール、定番の島らっきょうとゴーヤチャンプルーをいただき、古酒の瑞泉をロックで味わいながら、ラフテー・海ぶどうサラダ・とうふよう・・・などを次々と食べました。
友達は沖縄料理はゴーヤチャンプルーしか知っておらず、他にもこんなに美味しいのがあるんですね~と驚いていました。どれも健康的な食べ物ですからね~!
パパイヤチャンプルーが無くて残念でしたが、たっぷり沖縄気分を味わいました。
P1020560 ゴーヤーチャンプルーと島らっきょう

| | コメント (2)

2006年6月 6日 (火)

小千谷に行きました!

今日の仕事帰りに「小千谷」へ行きました。
・・・と言っても、新潟の小千谷ではなく、東村山にある「小千谷」という割烹屋(居酒屋)さんです。
P1020558  P1020559
ここの御主人は小千谷の出身らしいのですが、(私は)未確認です。
ここは去年から存在を知っており、今年になってから寄ろうと思ったのですが、店舗新築工事のため休業中でした。
しかし今月になって、仮店舗で営業をしていることを知り今日の帰り道に立ち寄ったしだいです。
今のお店(仮店舗)は西武新宿線の久米川駅北口を出て、右へ少し歩いた所にあります。
仮ですから・・・カウンターに8席・テーブルに6席とこじんまりとしたお店です。
本来の(工事中の)店舗は北口を出て左へ少し歩いた所にあります。
8月の下旬には新装開店の予定とのことです。
お品書きにはたくさんのお料理・おつまみがありましたが、仮店舗のため本来のメニューが揃っていないようでした。
私は、生ビール・レバー刺・焼き鳥・らっきょう・枝豆・生酒をいただきました。
お刺身・焼き魚・ざるそば・・・いろいろとお奨めがあるようです。
生酒は北海道の北の誉でした・・・(小千谷の酒)寒中梅か初梅にしてくれ~!
今日はいろいろとお話をしたかったのですが、お店も盛況で邪魔になるといけないので大人しく観ていました。
次回はいろいろとお話をしたいと思っています・・・意外と近所だったり、学校の先輩だったりするかもしれません。
お会計をすませて外にでると雨が降っていて、おかみさんがビニール傘を貸してくれました。
返さなくていいとは言われましたが・・・返しにまた来ます!

| | コメント (2)

2006年6月 4日 (日)

多聞院

P1020548 P1020550 P1020551 P1020547
今日は曇りのお天気でしたが、所沢市中富にある「牡丹の寺 多聞院」に行きました。
と云っても、牡丹の花は当然終わっていて木だけがある訳ですが・・・!
境内はとても静かで落ち着いた雰囲気で、緑の鮮やかな大きな「もみじの木」がありました。きっと秋の紅葉は素晴らしいことでしょう。
境内には、「鬼の悟り」の像があり(鬼が悟ってじっと我慢をしている姿を彫ったもの)我が儘を通す人達への戒めの願いが込められているそうです。
多聞院は江戸時代に、柳沢吉保によって祈願寺として建てられました。
武田信玄の守り本尊だった毘沙門様がご本尊です。
毘沙門様の化身の虎にちなんで、牡丹が満開の頃の5月1日には「寅祭り」が行われます。
本堂脇には、黄色の小さくてかわいい(災いを託して納める)「身代り寅」がたくさん納められていました。
たくさんの人が祈願に訪れているようです。
5月の連休の頃は、約300本の牡丹が咲き乱れ、たくさんのカメラマンが押し寄せるようです。
参考のため、市の観光協会のHPより花の写真を借りて掲載します。
Img109 Img111

| | コメント (4)

2006年6月 3日 (土)

紫陽花

P1020537 P1020539 P1020538
近くの公園にひっそり咲いていました。
もうすぐ梅雨になりそうですが、雨の中で鮮やかに咲く紫陽花を観るのも楽しみです。
紫陽花といえば鎌倉の明月院がアジサイ寺として有名ですが、ここしばらくは鎌倉方面に出かけることもなく足が遠のいています。若かりし頃はよく行きましたが・・・!
雨・紫陽花・蝸牛・・・近間で紫陽花が綺麗な所を探してみます。

| | コメント (2)

2006年6月 1日 (木)

秩父の花

P1020485 P1020504 P1020528
イチリンソウ シャガ サクランボ
P1020527 P1020523 P1020464
ムシトリナデシコ アヤメ ジャガイモ
P1020472 P1020454 P1020532
カタバミ・オオイヌノフグリ ナノハナ ニッコウキスゲ

先日秩父で撮った花たちです。
そば畑の隣で、たくさん咲いていたジャガイモの花がとても綺麗でした。
羊山公園の桜の木には、小さいですがさくらんぼが生っていました。
今日の新聞チラシには、山形・寒河江のさくらんぼ狩りツアーがありました。
今月中旬くらいがおすすめらしい。
行ってみたいが、山形は・・・新潟からは近いが埼玉からは遠い!

| | コメント (2)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »