« 上田城千本桜まつり | トップページ | 芝桜 »

2006年4月17日 (月)

れんげ草

故郷・小千谷の昔の風景で想い出すのは田圃いっぱいの「れんげ草」です。
子供の頃はれんげ草の咲く田圃がたくさん有り、寝転がったり花を摘んだりして遊びました。花の環も作りました。
そして「れんげ草」で想い出すのは、ビリー・バンバンの「れんげ草」という唄です。
 山のふもとの ちいさな村に
  咲いたかわいい れんげ草よ
   おぼえているかい あの娘のことを 
    えくぼがかわいい 娘だったね ♪
・・・と云う訳で、16日はれんげ草を求めて川越市の伊佐沼へ出かけました。
P1010802 P1010783 P1010789 P1010800
P1010803 P1010819 P1010821 P1010793
蓮華草(レンゲソウ)の名前の由来は、蓮の華に似ているからです。別名の紫雲英(ゲンゲ)は、群れて咲く様子が紫色にたなびく雲のように見える花びらの意味です。
昔は空中の窒素を土中へ取り込む能力があるため土壌改良用の緑肥として使われていました。しかし最近は化学肥料を使うのでれんげ草を田圃で見かけることは少なくなりました。最近は緑肥としてではなく、観光用に栽培している所が多いようです。
伊佐沼は桜の見頃は終わりましたが、釣りを楽しむ人達や沼の周りを散策する人達がいました。
そんな中、私は沼のそばの田圃に入り、まだ咲き始めの「れんげ草」の写真を畦道から畦道へ歩きながら撮りました。一面に咲くのは来週になりそうです。
P1010777 P1010782 P1010825 P1010831
P1010792 P1010799 P1010806 P1010824
桜・つつじ・タンポポ・菜の花が咲いていました。
こんな田圃道を歩くと妙に落ち着いてしまいます。^^

| |

« 上田城千本桜まつり | トップページ | 芝桜 »

コメント

阿武さんへ
田圃が荒れて草ぼうぼうの状態は悲しいですね。
実家の兄達は休耕田に蕎麦を植えています。
転作の意味と田圃を荒廃させない為かと思われます。

投稿: おーちゃん | 2006年4月17日 (月) 23時23分

たま吉さんへ
私も久々にれんげ草を観ましたよ!
畦道のたんぽぽもたくさん咲いていて綺麗でした。

投稿: おーちゃん | 2006年4月17日 (月) 23時18分

もうぞうさんへ
こんばんは!
本当にれんげ草を見かけなくなりましたね。
ここもいろいろと検索してやっと見つけました。

投稿: おーちゃん | 2006年4月17日 (月) 23時15分

こっちは特にレンゲ草なんてみません。減反田んぼは荒れるに任せて打ち捨てられています。「美田今見るかげなし」

投稿: 阿武さんのゆきあたりばったり | 2006年4月17日 (月) 20時49分

もう何年、蓮華に触れていないだろう。
蓮華畑もすっかり少なくなってしまいましたね。
畑の畦道、その真ん中に咲いているのは
日本たんぽぽですね♪
かわいいです(〃⌒ー⌒〃)

容量がいっぱいになってきましたので引越しをしました。
引き続きよろしくお願いいたします。

投稿: たま吉 | 2006年4月17日 (月) 12時29分

昔は田んぼにレンゲソウが多く植えられていたんですが、最近は滅多に見ることが出来ません。
レンゲソウは肥料になるのだそうですが、今は化学肥料が多く使われますからね。
・・・有機肥料も頑張ってますけどね。

投稿: もうぞう | 2006年4月17日 (月) 12時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 上田城千本桜まつり | トップページ | 芝桜 »