« うるおいの新潟&ネスパス | トップページ | 蝋梅を観る »

2006年2月12日 (日)

所沢の山に登る

2月11日(土)の晴れた午後、運動の為出かけたのは所沢市・観光名所案内に出ていた「荒幡富士・市民の森と史跡散策コース」でした。(逆まわりコースでしたが)
コース外も寄ったので歩行距離は約10kmで時間は3時間くらいの、散歩というよりハイキングでした。
大袈裟に、山に登るとは?・・・荒幡富士と八国山に登ってきたので・・・!^^
P1010186 P1010205 P1010207 P1010204
P1010190 P1010188 P1010194 P1010191
P1010200 P1010192 P1010201 P1010193
西武・狭山線の下山口駅から市民の森と荒幡富士を目指します。
荒幡富士は、狭山丘陵の上に富士信仰によって築かれた人造のミニ富士山で高さは12mあります。たかが12mと笑ってはいけません、周りに視界を遮るものが何も無いので360度の雄大な眺望が楽しめます。(お天気にもよりますが)大山・丹沢山・富士山・陣馬山・秩父連山・新宿高層ビル群などを見ることができます。今日は山は見えませんでしたが、新宿の高層ビルは見えました。近くには西武園遊園地・ゴルフ場・西武ドームが見えます。
登り口の所には浅間神社が祭られています。
今日は頂上で歓声をあげている小さな子供を連れた家族がいたり、頂上でアマチュア無線の移動運用をしている所沢市在住者がいたりで面白かったです。私もハンディー機を持ってくれば良かったかも?!
P1010212 P1010214
隣接の市民の森といきものふれあいの里センターにも立ち寄りました。
次に向かったのは、鳩峯公園・トトロの森2号地です。途中、鳩峯八幡神社・久米水天宮にお参りしました。
P1010220 P1010223 P1010224
鳩峯八幡神社は、新田義貞が戦勝祈願に訪れた場所で兜をかけた松の史跡がありました。
P1010228 P1010225 P1010227
久米水天宮は安産のご利益があり、たくさんの人が訪れるらしい。また1月5日にはだるま市が開かれ賑わうようです。今日も小さなだるまが飾ってありました。
トトロの森2号地では、啄木鳥が木に穴を開けている音が鳴り響いていました。豊かな自然が守られているのが分かります。
P1010231 P1010233 P1010236 P1010237
最後に向かったのは八国山です。松ヶ丘の住宅地を抜け八国山緑地に上がります。
狭山丘陵の東端に位置するこの山(標高89.4m)は、かつて駿河・甲斐・伊豆・相模・常陸・上野・下野・信濃の八か国の山々が望めたことから八国山と呼び伝えられました。鎌倉時代には、この付近を鎌倉街道上道が南北に通っていました。
クヌギやコナラなどが茂る山道を東にのんびりと歩き、新田義貞ゆかりの将軍塚を目指します。そこを過ぎると緑地はおしまい(東端)ですが、逆方向へは西武園駅近くまで約1.5kmの尾根道が繋がっておりちょうど良い散歩コースです。今日もたくさんの人達が歩いていました。ちなみに、この尾根道が埼玉県と東京都の境界線になっています。
山を降り、長久寺を見学して西所沢駅まで歩き、今日の運動(?)はお終いにしました。
ちょうど良い運動でしたので、新緑の頃また歩いてみたいと思いました。

| |

« うるおいの新潟&ネスパス | トップページ | 蝋梅を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 所沢の山に登る:

« うるおいの新潟&ネスパス | トップページ | 蝋梅を観る »