« ケイタイ病? | トップページ | 雨の日曜日 »

2006年2月25日 (土)

「亀の翁」を飲む

2006-0224-1910
昨夜は、友達のお店「まつり」へ「亀の翁」を持ち込みして、飲み友達二人と味わいました。
本来持ち込みは不可ですがカオで許してもらい、他のお客さんに隠れるように端っこで三人で品評会(?)をしました。
大変な苦労の末に復活させた幻の名酒米「亀の尾」で仕込んでいます。
吟醸酒独特の芳香がし、雑味の無いまさに純米酒だな~と思いました。
アルコール分は16度~17度未満で、まさに日本酒という飲み応えがあります。
大吟醸ですから不味い訳はなく、予想通りの美味しさでした。
存在しませんが、できれば吟醸ではない普通の純米酒で味わってみたいと思いました。
個人的な感想ですが、吟醸酒の味の好みでは故郷・小千谷の「雪中貯蔵 初梅」の吟醸酒が好きです。
小千谷といえば・・・今朝の「旅サラダ」で、「おぢや風船一揆」「へぎそば」を実況中継放送していました。今日は快晴で熱気球の旅は最高でしょう!へぎそば・・・食べたい!

| |

« ケイタイ病? | トップページ | 雨の日曜日 »

コメント

まりるさんへ
こんばんは!
しっかりお店の冷蔵庫で冷やしてもらってから頂きました。
本来、持ち込みはまずいので他のお客さんに気付かれないようにコソコソ飲みました。
純米大吟醸ですから美味しかったですが量が足りませんでした。お店の地酒もちゃんと注文致しましたよ。
お酒を置いてないおでんやさん・・・面白いですね。どんな拘り、信念があるんでしょうね?
小金井に美味しい焼き鳥屋さんがあり、1時間以上居るともう帰ってと言われます。
オヤジの信念・・・うちは食い物屋だ、飲み屋じゃない!・・・です。^^

投稿: おーちゃん | 2006年2月26日 (日) 20時03分

待ってました☆
いやぁ、なんとも羨ましい…まさに神の水といったところでしょうか?美味しくて一気に無くなってしまいそう。。。
持ち込みができるなんて良心的ないいお店ですね♪
隠しながら飲むというのも一味ついて一層おいしさが増しそうです。
そういえば湯河原に有名なおでんやさんがあって、お酒が一切置いてなく向かいの酒屋で買ってこいと言われました。お店の前には『狂い水ありません』という看板が…。驚きました。。。

投稿: まりる | 2006年2月26日 (日) 17時24分

たま吉さんへ
こんにちは!
そういえば、お酒の記事が続きましたね。
新宿・・・ですか!
どうりでお詳しいわけですね。
私は昨年の後半から新宿界隈を彷徨・・・ではなく探索しています。
勿論、仕事はきっちりと!?

投稿: おーちゃん | 2006年2月26日 (日) 14時45分

阿武さんへ
こんにちは!
そうですね、持ち込みできる所があればいいですね。
あと、お酒の質にも拘って欲しいですね。
基本的な問題では、木曽の「七笑」を新潟の酒と表示しているお店が有ったりしますから驚きです。勿論、間違いは直してもらいました。

投稿: おーちゃん | 2006年2月26日 (日) 14時37分

こんちは!
きょうもきょうとてお酒ですね♪
画面で見るだけでも嬉しくなります(^ー^* )フフ♪

大吟醸とかになると醸造アルコールが入っているでしょう。
私は普通の純米が好きです。

おーちゃんさん、私…新宿なんですよぉ(^^ゞ

投稿: たま吉 | 2006年2月26日 (日) 12時08分

うらやましいですね。旨い焼き鳥で亀の翁を飲るなんて。いつも思うのですが、巷に焼き鳥やホルモン焼き屋など旨いものを食べさせるが旨い酒をしかも安価に飲ませる店はありません。今回のように各々が自分の呑みたい酒を持ち込みできるようなシステムの居酒屋はないのでしょうか。
口幅ったいですが、自分の提供する料理は当然のことながら勉強はしてるのでしょうが、主というか従というか酒についてはあまりにも無頓着のお店が多いようです。

投稿: 阿武さんのゆきあたりばったり | 2006年2月26日 (日) 08時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「亀の翁」を飲む:

« ケイタイ病? | トップページ | 雨の日曜日 »