« しゃーつける&くらつける | トップページ | 朝日と夕日 »

2006年1月 8日 (日)

豪雪対策

gosetu
小千谷市では豪雪対策本部が設置されました。
注意しなければならない事項がたくさん有る。
自然が相手の雪国の暮らしは忍耐である。

市のHPより

降雪期の注意事項

市内では本格的な降雪期を迎え、昨年からの地震により、建物・道路・斜面などの状況が例年とはかなり違っています。
市民のみなさんは、次のことについて十分注意してください。

●屋根の雪下ろし

  • 地震により、目に見えない被害を受けた建物があると思われますので、例年よりも雪下ろしをこまめにしてください。
  • ドアや襖などの開閉がしづらくなった場合は、すぐに雪下ろしをしてください。
  • 屋根の雪ぴは、放置せずに下から少しずつ落としてください。
  • ブルーシートに覆われた屋根は、足もとが滑り易く大変危険なため、屋根に上がらずに下から少しずつ落とすようにしましょう。やむを得ず上がる場合は、落下防止用の命綱などを着用してください。

●屋根雪の落下

ブルーシートに覆われた屋根は、雪がまとまって落ちやすいため、軒下などの落雪による事故のないよう十分注意しましょう。

●道路の陥没や段差

地震の影響により、道路に陥没や段差が生じています。こうした箇所に雪が積もると、気づかない恐れがあります。車を運転するときには、スピードを落とすなどして十分注意をしてください。また、歩行者も十分注意してください。

●道路の側溝

道路の側溝が壊れたり、除雪作業のため、側溝の蓋を開けたままの状態にしておく場合がありますので、歩行者は通行に十分気をつけてください。

●斜面の落雪

地震により亀裂が入り、ブルーシートがかけられている斜面は、雪が落下する場合がありますので、早めにに雪ぴを落とすなど十分注意をするようにしてください。

●建物の異常

建物に異常を感じた場合には、建築士などの専門家に見てもらうようにしてください。

●豪雪対策に関するお問い合わせ
小千谷市豪雪対策本部:
soumu@city.ojiya.niigata.jp
〒947-8501
新潟県小千谷市城内2丁目7番5号
電話番号:0258-83-3511
ファックス番号:0258-83-0382

|

« しゃーつける&くらつける | トップページ | 朝日と夕日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豪雪対策:

« しゃーつける&くらつける | トップページ | 朝日と夕日 »