« 花虎の尾 | トップページ | 同じ空? »

2005年10月14日 (金)

関東嫁菜

23131515 9.23五辺の田圃にて
カントウヨメナ (キク科)
野菊の一種と思いますが、名前の由来は嫁が摘む菜という意味だそうです。
本来のヨメナは関西にしかなく、春に若芽を摘んでおひたしやゴマ和えなどにして食用にできるそうです、秋に清楚な紫の花が咲きます。関東地方などにあるのは白い花のカントウヨメナだそうで,こちらは食用にしないそうです。
でも野菊の仲間は種類が多く見分けが難しいです。
これもユウガギクかリュウノウギクかも知れません!?

| |

« 花虎の尾 | トップページ | 同じ空? »

コメント

金木犀さんへ
山野草の図鑑では関東嫁菜に特徴が合っていますが、確信はありません。^^
野菊は種類が多くて専門家でも見分けが難しいとのことです。
難しく考えずに・・・野菊は可愛い・・・でいいですよね!

投稿: おーちゃん | 2005年10月14日 (金) 23時38分

やよいさん・阿武さんへ
朝日山の件は阿武さんのお知り合いの人と承知しております。
これを機会に宜しく!

投稿: おーちゃん | 2005年10月14日 (金) 23時11分

あ やよいさん間違えていましたね。

菊というとかきのもとと弥彦の菊祭りですね。いよいよ秋も終盤に向っていきます。

投稿: 阿武さんのゆきあたりばったり | 2005年10月14日 (金) 20時35分

度々申し訳ございません。
先ほどの御注文は別の方でございました。
ごめんなさい。

菊の事ですが、昨晩は”かきのもと”を食しました。ご存知と思いますが紫色の食用菊です。酢醤油で食べました。程よい苦味があり日本酒とよく合います。山形では”もってのほか”、長岡方面では”おもいのほか”とも言うそうです。もともとは中国から伝来した”延命楽”という菊が始まりだそうです。
弥彦山周辺、新潟市白根でも栽培されています。お寿司にしても美味しいです。

投稿: 酒屋やよい | 2005年10月14日 (金) 12時19分

おーちゃん様
新潟の酒屋やよいと申します。
今朝ほど阿部様からご連絡いただき、確認させていただきましたが、ご注文のメールを確認できませんでした。申し訳ございません。
当方のHPの不具合でしょうか?
お手数ではございますが、再度お送りいただけませんでしょうか。このような形で申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

菊のコメントでなくてごめんなさい。
弥彦は11月から菊祭りでございます。
酒屋やよい 羽生雅克

投稿: 酒屋やよい | 2005年10月14日 (金) 11時40分

おはようございます。嫁菜というのですね。最近見た野菊がこれに似ていたので名前がわかってうれしいです。健気でかわいらしい姿ですね。

投稿: 金木犀 | 2005年10月14日 (金) 08時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 関東嫁菜:

« 花虎の尾 | トップページ | 同じ空? »