« 蔓が伸びている! | トップページ | 中間試験 »

2005年10月19日 (水)

震災からの復興

10月18日 午後10時からテレビ東京のガイアの夜明けで「新潟中越地震・震災からの復興・1年間の軌跡」を放送しておりました。

平成16年10月23日のあの地震からもうすぐ1年になります。

川口町の田麦山・・・激震ゾーンにあたり家屋の9割が倒壊などの被害に遭いました。追い討ちを掛けるような19年ぶりの大雪が被害を拡大しました。田圃も被害に遭い昨年の6割しかお米が作れませんでした。今は復興に向けて大人も子供も元気に頑張っています。

山崎醸造・・・小千谷市の味噌・醤油製造会社で、高の井酒造の兄弟会社です。私の故郷と縁のある会社です。工場が倒壊し山崎社長は「廃業か存続か・・・」の決断を迫られ、リストラという苦渋の決断を行い存続に向け活動を開始し、社員一同頑張っています。

会社存続のため早期退職というリストラを勧める会社と家族の幸せのためにそれを受ける社員双方の苦悩が痛いほど判って・・・涙がでました。「なにがあっても笑っていこう」と言ってた佐藤さん再就職できて良かった。

「震災の苦難を乗り越えられたのは絆のおかげ」という言葉の絆には家族・親戚・友達・勤め先・地域社会の他に応援してくれた善意溢れるみなさんのことも含まれると思います。
災害は忘れた頃にやって来る・・・胆に銘じたいです!

| |

« 蔓が伸びている! | トップページ | 中間試験 »

コメント

皆様こんばんわ!
多数のコメントを頂き有難うございます。
早いものでもう1年になりますが、ついこの間のようにも思ってしまいます。
それはまだ復興途中であり、いつになったら震災前の普通の生活に戻れるか・・・苦悩を抱えている人が多くいると云う現実を知っているからかも知れません。
家が壊れ仮設住宅にいる人・新たな借金をしてでも家を建てている人・・・実際に知っているので他人事ではありませんが私には「頑張れよ」としか言えませんでした。
自分の無力さを思い知るとともに、助け合う人達の強さ・明るさ・温かさを実感しました。
一日も早く普通の生活ができるよう願っています。

投稿: おーちゃん | 2005年10月19日 (水) 23時48分

私もその番組みました。悩みながら泣きながらそれでも家族の為に精一杯に生きてゆく。その姿に打たれます。生きるということは辛い事だなと感じます。でもその辛さの中に何かがあるような気がします。

投稿: 阿武さんのゆきあたりばったり | 2005年10月19日 (水) 21時32分

こんばんは。
あれからもう一年も経つのですね。
今もなお復興へ向けて、さまざまな皆さんががんばっていらっしゃることを忘れてはいけませんね。
 乗り越えられたのは「絆」のおかげ・・・という言葉、心に響きました。

投稿: こはる | 2005年10月19日 (水) 20時26分

おはようございます。この間新潟へ行った帰り高速で小千谷を通りました。高速はまだ完全には復旧されておらず、段差が結構ありました。地震の力の大きさが伺えました。町の様子は高速から見たところショベルカーなどいたるところ置いてあり、まだ復興中なのだなということを思い知らされました。神戸の復興も外からの応援も去ること長らやはり土地の人々の絆が大きな力となったようです。「災害は忘れた頃にやって来る」ほんとにそうですね。

投稿: 金木犀 | 2005年10月19日 (水) 06時35分

こんばんは!

震災からの復興、当事者の方は大変なご苦労だと思います。
こういう苦しい時の助けやあたたかい善意と言葉は本当に忘れられないと思います。

投稿: むろぴい | 2005年10月19日 (水) 03時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 震災からの復興:

« 蔓が伸びている! | トップページ | 中間試験 »