« 伯と叔と小 | トップページ | 小千谷の地酒 »

2005年7月27日 (水)

へぎそば

あぶらげのはさみ焼きを肴に八海山をグィっとやり、最後にへぎそばを食べそば湯をすすって〆る! 越後んしょーはいいこてー・・・と思っちゃいます。栃尾・六日町・小千谷名産の見事なコラボレーションですね。

吉祥寺や渋谷などで「へぎそば」を見つけると、つい入って吟味をしてしまいます。そばはこしが有って瑞々しいか・郷土料理は有るか・新潟の地酒は有るか・・・などです。      各店ともそれなりに美味しいのですがやっぱり本場小千谷のそばがいいと思います。   それでも会社の人を連れて行くとあまりの美味しさに驚きを覚えるみたいで、家族と行ってきた・・・とハマッタ人もいます。

小千谷へ帰省した時に行くお蕎麦屋さんは、角屋わたや須坂屋(小千谷インターから近い順)です。 それと行って見たいお蕎麦屋さんは、最近できた池ヶ原の「雪蔵の里」です。なぜなら地元産のそば粉を使っており、その蕎麦を私の実家も生産しているからです。

角屋・・・インター降りてすぐの桜町の本店とサンプラザ店(穴場)

わたや・・・平沢店がお奨め(広い駐車場と店内)予約可・本店は駐車場少ない

須坂屋・・・四尺玉花火の片貝町へ行く途中の小粟田(こわだ)に有る               HPは確認とれず へぎそばと天麩羅が美味い

雪蔵の里・・・山本山高原のそば(近くと言う意味と引掛けました)、開店一周年感謝企画をやります・・・8/1~8/31 お食事の方に山本山高原産新じゃがプレゼント(1Kg)

他にも市内には美味しいお蕎麦屋さんがたくさん有り、関越道の越後川口SAや国道17号の道の駅「ちぢみの里おぢや」でもへぎそばがたべられます。小千谷にお出での際は是非お立ち寄りください。

個人的には、須坂屋に馴染んでいます。なぜなら、地元では冠婚葬祭には必ず蕎麦をふるまう習慣が有り、小さい頃からそばと言えば「須坂屋のそば」で育ったようなものだからです。また小粟田原(こわだはら)には実家の田圃が有り、私も農作業を手伝っていました。大きな田圃がたくさん有り地元では「こーだっぱら」と呼んでいますが、昔は飛行場が有ったそうです。

なぜ「へぎそば」は美味いか!・・・は長くなるので省略します、わたやのHPを見てください詳しく書いて有ります。
小千谷や十日町・六日町などは魚沼地方という豪雪地帯にあり、おぢや縮・塩沢紬・十日町織物などの織物文化の影響を受けたことを考えると、雪国の風土と深いかかわりを持った独特の「そば文化」であると思います。

しっかり小千谷の宣伝になっちゃいました!
      
元気だしていこー! 新潟  (ビールのラベルより)

| |

« 伯と叔と小 | トップページ | 小千谷の地酒 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: へぎそば:

« 伯と叔と小 | トップページ | 小千谷の地酒 »