トップページ | 2005年8月 »

2005年7月の記事

2005年7月31日 (日)

山本山

22222

山本山(336m)から信濃川・小千谷市街と遠くに弥彦山(634m)を望む photo/salali homepage

広大な越後平野と日本海の際の弥彦山までの眺め

「山本山」と言うと関東の人は上から読んでも・下から読んでもの海苔とお茶の「山本山」を思い浮かべるでしょうが、故郷では皆が知っている小千谷市民の憩いの山である。
山と言うより高原のほうが観光用にはいいかも知れません!実際、山本山高原スキー場とか山本山高原そばなどの表示が有ります。
何が有るかと言うと、下からJR信濃川発電所(山の中腹に貯水池がある水路式発電所)です、何と・・・首都圏の山手線はここの電気で走っているんですよー! 知ってましたか?  高校の頃は、この貯水池(正式には調整池)の周りがマラソンコースでした。
次に、放牧場(観光用では有りません)とお花畑・・・春は菜の花、夏はひまわり、秋はコスモスでいっぱいになります。一見の価値有り。そして冬はスキー場です。
山頂は広場と展望台が有り、南には越後三山と眼下に信濃川の蛇行が北には越後平野と遥か日本海の際に聳える弥彦山が見えます。 いい見晴らしです!
標高336mですから、歩いても登れます(学校の遠足コースです)が、車でも山頂へ上がれます。(無料駐車場有り)
小千谷そばを食べた後の腹ごなしやドライブに最適ですよ!

<追記>
中越地震で被災の所あり、現在復旧工事を行っているため、発電所から先は「市民の家」まで通行可。頂上までは行けません。塩殿ルートも崩落のため通行不能です。(小千谷市役所商工観光課へ確認済)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月29日 (金)

アー夏休み!

小学生の頃・・・ただ嬉しかった夏休み!

中学・高校の頃・・・部活や宿題と家の手伝いで終わってしまったような夏休み!

社会人になって・・・帰省し懐かしい顔に会うのが楽しみな夏休み!

親になって・・・子供を両親や親戚に会わせる為の夏休み!

現在・・・「部活があるから行けない」と言われ、一人で遊ぶ夏休み!

淋しすぎるーーーーーーー!

ojiya_1_800600 おぢやまつり 

ojiya_2_800600 花火大会

photo/ojiya-city homepage

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年7月28日 (木)

小千谷の地酒

小千谷の地酒と言われて思いつくのは、高の井酒造の「越乃初梅」・「たかの井」と新潟銘醸の「長者盛」・「越の寒中梅」です。

私の一番好きな八海山」と比べても遜色なく淡麗辛口で美味しく思います。(オイ!一番は小千谷の酒じゃないのかよ・・・?) 
この中でも初梅の「雪中貯蔵酒」は一番のお奨めです。じっくりと熟成されたまろやかな味でついつい飲みすぎてしまいます。勿論お土産に買って帰ります。

set

高の井酒造は、市内稗生(ひう・・・現在の東栄)にあり雪中貯蔵酒発祥の蔵である。創業地は昔の酒造場が有った高梨町五辺(たかなしまちごへん)で、地名の「高」と米とともに酒造りの命脈である井戸の「井」をとって社名としました。高梨は私の地元で、祖父と父の晩酌はいつも高の井(当時の酒名)と朝日山(朝日酒造)でしたので私としても子供の頃から馴染みがあったわけです。


新潟銘醸は、同じ稗生にあり、かつ私の母校である小千谷高校の西隣に有ります。学校から酒蔵が見えていました・・・酒飲みになる環境ができていたのかも!? 中越地震では大蔵が倒壊し酒造りが危ぶまれましたが今年初めに出荷ができるようになりました。

小千谷の(新潟のとも言えますが)酒は、米・水・越後杜氏の技が越後の雪と関わり合って醸しだされた銘酒だと思います!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月27日 (水)

へぎそば

あぶらげのはさみ焼きを肴に八海山をグィっとやり、最後にへぎそばを食べそば湯をすすって〆る! 越後んしょーはいいこてー・・・と思っちゃいます。栃尾・六日町・小千谷名産の見事なコラボレーションですね。

吉祥寺や渋谷などで「へぎそば」を見つけると、つい入って吟味をしてしまいます。そばはこしが有って瑞々しいか・郷土料理は有るか・新潟の地酒は有るか・・・などです。      各店ともそれなりに美味しいのですがやっぱり本場小千谷のそばがいいと思います。   それでも会社の人を連れて行くとあまりの美味しさに驚きを覚えるみたいで、家族と行ってきた・・・とハマッタ人もいます。

小千谷へ帰省した時に行くお蕎麦屋さんは、角屋わたや須坂屋(小千谷インターから近い順)です。 それと行って見たいお蕎麦屋さんは、最近できた池ヶ原の「雪蔵の里」です。なぜなら地元産のそば粉を使っており、その蕎麦を私の実家も生産しているからです。

角屋・・・インター降りてすぐの桜町の本店とサンプラザ店(穴場)

わたや・・・平沢店がお奨め(広い駐車場と店内)予約可・本店は駐車場少ない

須坂屋・・・四尺玉花火の片貝町へ行く途中の小粟田(こわだ)に有る               HPは確認とれず へぎそばと天麩羅が美味い

雪蔵の里・・・山本山高原のそば(近くと言う意味と引掛けました)、開店一周年感謝企画をやります・・・8/1~8/31 お食事の方に山本山高原産新じゃがプレゼント(1Kg)

他にも市内には美味しいお蕎麦屋さんがたくさん有り、関越道の越後川口SAや国道17号の道の駅「ちぢみの里おぢや」でもへぎそばがたべられます。小千谷にお出での際は是非お立ち寄りください。

個人的には、須坂屋に馴染んでいます。なぜなら、地元では冠婚葬祭には必ず蕎麦をふるまう習慣が有り、小さい頃からそばと言えば「須坂屋のそば」で育ったようなものだからです。また小粟田原(こわだはら)には実家の田圃が有り、私も農作業を手伝っていました。大きな田圃がたくさん有り地元では「こーだっぱら」と呼んでいますが、昔は飛行場が有ったそうです。

なぜ「へぎそば」は美味いか!・・・は長くなるので省略します、わたやのHPを見てください詳しく書いて有ります。
小千谷や十日町・六日町などは魚沼地方という豪雪地帯にあり、おぢや縮・塩沢紬・十日町織物などの織物文化の影響を受けたことを考えると、雪国の風土と深いかかわりを持った独特の「そば文化」であると思います。

しっかり小千谷の宣伝になっちゃいました!
      
元気だしていこー! 新潟  (ビールのラベルより)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月26日 (火)

伯と叔と小

何の話かとお思いでしょうが、オジサンについての会社での若い子との会話です!

「伯父さんと叔父さんはどう違うの?」 エッ!知らないの?

伯父さんは、自分の親の兄 (伯母さんは姉)
叔父さんは、自分の親の弟  (叔母さんは妹)
ちなみに私は君の親戚でもないから、ただの小父さんなんだよ!(笑)

 「ヘェー、オジサン凄いねー」・・・・て、特に凄いことでもないんだけど!
   「 もっと頭使ったほうがいいよ・・・早くボケちまうよ!」 と言いたい!
      自分からオジサンと言ってしまった・・・つぶやきでした!

本日は台風7号接近の為早く帰ってきました。
夜遊びしてると帰宅難民になりますよ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年7月25日 (月)

いつまで壮年?

壮年っていくつまで? と聞かれて、40代の後半までだよと答えて・・・軽くヤバイ!

あと○年でサブタイトルやプロフィールの壮年が使えなくなっちゃうなー・・・でも、黙っていれば誰も知らないしそのままでイイヤ! 見かけも10歳位若いし・・・? と一人納得。

 国語辞典によれば、結婚して社会に活動する、身も心も盛んなころ。 三十代中期から四十代の後半ぐらいまで。 とのこと・・・はたして身も心も盛んなのかー?

年齢区分は少年・青年・壮年・老年・・・・・と言うことは、50から老年ですか!?
昔に比べて寿命も延びたし、50代も壮年でいいんじゃないのー!
年金をあてにせず、お仕事しなきゃいけませんしネ! 隠居は無理ムリ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年7月24日 (日)

写真のテスト

今年5月の田舎の写真が有りました、テストを兼ねて載せてみました。

P1000028

実家の近くから見た金倉山(かなぐらやま) 581m

山の向う側は山古志村です

P1000031

小学生の頃 長岡の花火を観ていた土手

シートは中越地震によるひび割れの補修です

          もう治ったかな?

テストですので失敗していたら許して!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仮面ライダー響鬼

年甲斐もなくハマッテます! 響鬼に!

今日も観ました、日曜の朝の楽しみです。(他に楽しみ無いのーとか言わないで!)               「ドコガイイノ?」と思われる方、とにかく一度観てください。
ただの子供向けアクションものでは有りませんよ、物語がわかり易く丁寧に作られている事と登場人物一人一人の個性や考え方なども丁寧に演出されており、勇気とは・人生とは・友情とは・・・などを考えさせられます。また笑いも織り込まれています。

さらに面白いのは、HPの御感想箱です!男女や年齢に関係なくたくさんの人がカキコミをしており、見ていて「そういうふうに思うんですか!」とか「同感同感!」とか言ってます。

モッチー派とあきら派のオジサン達
ザンキ派とヒビキ派のオバサン達  (中にはトドロキ派もいます)
香須実派と日菜佳派のヤング達     (がいいという猛者もいます)
ディスクアニマルが可愛いと言うマニアや少年がいいと言うオネエサマもいます!

ちなみに私はカキコミに参加していませんが、あきら・ヒビキ・香須実・・・のオジサンです!

観れば一日の良いスタートになり、次之巻が待ち遠しくなります。 シュッ〆
これは番宣ではありません、テレ朝の関係者でもありません!念のため!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月23日 (土)

花火大会

暑い日が続きバテ気味でしたので、昨日は友達の焼き鳥屋へ行きました。偶然にも知人に会い盛り上がって飲みすぎました。こんな時はウコンですね、私は生をすりおろし水に溶かして飲みます。これが一番効きますよ!

前回の記事で花火についてふれましたが、片貝の他にも小千谷と長岡の花火大会がお奨めです。詳細は@niftyの花火大会特集にでています。                     長岡まつり    8月2日と3日  三尺玉、ナイアガラが有名                                 おぢやまつり   8月20日     スターマインが有名                                      片貝まつり    9月9日と10日  空いっぱいの四尺玉が超有名

今年の帰省の日程に合わないため生で見れません。  残念!
小学生の頃は近くの信濃川の堤防で長岡の花火を見ていました。ゴザを敷きスイカ・枝豆・トウモロコシなどを食べながら・・・・・。  のどかデシタネー!!!

  ウコンが効いてきました!     今晩は冷で一杯かな?

                              

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年7月21日 (木)

ふるさと小千谷

今日、突然、ブログを始めてみました。
つまらない話ですが、壮年(中年と呼ばれたくない)のつぶやきに付き合って下さい。

今日は私の故郷について書きます。
皆さんは、新潟県の小千谷市(おぢやし)をご存知ですか?そう、昨年10月に地震があった所です。私の実家も被害を受けましたが、幸い他の人達に比べれば軽く済みました。連絡がつかず、行くこともできず心配と不安で眠れなかったことを今も思い出します。新幹線が脱線した所、崖が崩落した所、全村避難の山古志村、市内の避難場所などは全て私の知っている所でした。まだ影響は有りますが、皆元気だして頑張っていると思います。

暗い話になりすみません。話題を変えます。
小千谷は蕎麦、錦鯉、闘牛、縮、こしひかり、地酒そして花火が自慢です!
世界一の四尺玉(開いた時の直径800m)は、市内の片貝町(かたかいまち)でしか見られませんよ!9月9日と10日だったと思います。
興味の有る方は市役所のHPを見てください。今度リンクはります。(出来たらです)

小千谷そばや地酒などについては、後日書きたいと思います。
明日も仕事のため、今日はこの辺で!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年8月 »